代表理事・会長 山田 登

 平成30年度の第20回通常理事会において会長に就任しました山田でございます。

 当会は、昭和24年に設立され、昭和42年に運輸大臣から社団法人として認可を経て、その後平成24年に公益社団法人として認定され今日に至っており、来年70周年の節目の年を迎えるようとしております。このような歴史のある組織の会長に選任され身の引き締まる思いでございます。

 会員の皆様はじめ諸先輩方、関係各位の御支援、御指導をいただきながら務めてまいる所存でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 皆様ご承知のとおり当会は海難防止団体として、兵庫県(大阪湾)、大阪府、和歌山県、徳島県及び高知県の沿岸海域とその付近海域における海難の防止と船舶交通の安全性の向上を図るという社会的要請に応えるべく、船舶運航の安全確保にかかる調査研究、情報提供や周知啓発といった公益事業に取り組んでおります。

 近年、我が国周辺海域で発生する海難の半数がプレジャーボートによるものとされており、それに伴う船舶の海上交通の安全確保が急務となる中、安全対策の検討をはじめとする海難防止、船舶交通の安全性の向上への取り組みを専門とする、当会への期待が益々高まってくるものと思われ、これまで培った技術と経験を活かし、新たなニーズにも対応しつつ事業に推進していく所存です。

 最後になりましたが、私ども役職員一同一丸となって会務に邁進してまいる所存ですので、今後とも皆様方の一層の御支援、御協力を賜りますようお願い申して、会長就任の御挨拶といたします。

Copyright The KOBE MARINE CASUALTY PREVENTION INSTITUTE